当社のバイク買取について!

みなさんバイクの買取りって言うとまず思い出すのは!
やっぱりCMでもおなじみのバイク王ですよね
その他にも色々な買取り業者さんがしのぎを削ってますが、そんな中、当社もメインではありませんが買取り業務を行ってるんすよ♪
でもホントならお客さんからは当社に売ってほしいっす
(その理由は、原付を捨てたい!廃車費用をかけずに少しでも現金化する方法をご覧下さい)

バイクと言う普段の生活に必要のない物を維持していくのは、やっぱり経済的にも若干ですが負担はあります
こんな世の中なんで。。。それぞれ色々な事情をかかえて、どうしてもバイクを維持出来ない場合
CMの影響もありバイク王等の王手買取り業者さんに電話する方も多いと思いますが、まずは買ったお店!現在面倒を見てくれてるお店に相談してほしいっす!!



多分ですが、その方が高くなると思います
理由はやっぱり思い入れだと思います。
色々とバイク屋さんがあるのに選んでくれて、色々なイベントで一緒に遊んだお客さんだと、お客さん同様にそのバイクに思い入れって感じてると思います♪
オレはそう思ってます
そしてまた生活に余裕が出来た時、それが何年先か分からないけど、またいつか一緒にバイクで遊べる日が来るかもでしょ♪
その時はまたきっと!当社の門をたたいてくれると思うんすよぉ~♪
バイクをイジイジする腕は他店に比べると劣ってるかも知れませんが。。。ついでに口も悪いけど。。。気持ちは熱いっすよ♪
当社は買ってくれたお客さん!面倒を見させていただいてるお客さんには精一杯対応させていただきます!!

あっ!買取りはしてますが「あっちはこれ位だけど、お前の店はいくらで買い取る?」というお客さんは。。。来なくて良いやって思ってます!ホントすいません。。。
今日は今までコツコツと面倒見てきたお客さんが、急遽バイクを手放す事になり色々と買取業者さんとスッタモンダがあり・・・高値買取してやったぜ♪
でもカッコイイバイクだから良しとします!



バイクと言えば、やっぱり出逢い、そしてトキメキ

そんな風に期待している男性ライダーさんも多いことでしょう。今日は女性ライダーからの苦言を公開。

われわれバイク乗りの世界では、女性ライダーの比率は1割もありません。圧倒的に男性社会であり、これは必然的に女性ライダーがモテモテになることを表します。
そんな中、バイクの世界に参入してきた女性ライダーがまず欲しているのは「バイクの先生」。

バイクのことは知らないことだらけ。バイクの種類や名前からはじまり、パーツの名前だとか、運転の仕方だとか、レースのこととか、知りたいことが山ほどある。もちろん、雑誌を読んだりインターネットで勉強もしますが、身近に「バイクの先生」がいるだけで、バイクに乗るとき、とーっても安心だったりします。

つまり。女性ライダーが求めているバイク乗りとの出会いとは、トキメキを求めているわけではなかったりします。
嗚呼、それなのに。

例えば、親切に優しくバイクを教えてくれる男性がいるとしましょう。
彼女は親切だなあ、優しいなあ、バイクを覚えるにはちょうど良い友達が出来て嬉しいなあ、とは思いますが、友達以上の感情を持っていません。しかし、彼は親切なので笑顔で接しています。
 すると、ある日突然・・・。

この、「ある日突然」ってのが、ホラーなんです。勘違いなんです。そんなことは求めていないんです。
オンナにとって、軽くボディタッチ(せいぜい肩から上ですよ)されるとか、頻繁に電話やメールで連絡を取り合うとか、そのあたりで相手に対する態度をすでに表明したりします。
すなわち、触れるくらいの距離にいるとき、微妙に距離が離れるようなら、彼女の心はあなた(彼)にはありません。
何度連絡を入れても返事がないなら、彼女に気はありません。気があるなら触りかえしたり、彼女の方から距離を縮めてくるでしょう。頻繁な電話やメールにも、マメに答えるでしょう。

とは言え、「友だちとしてなら付き合いたい」と思っている女性だって数多くいるのは事実です。
「告るとかしなきゃいい友だちでいられたのに・・・」とは、とある新米女性ライダーの弁。
 
というわけで、玉砕する前に男性ライダーの皆さん、女性ライダーとの付き合い方を考えてみては。
また、女性ライダーはそういう勘違い男が多い、ということを肝に命じましょうよ。

カテゴリ

月別アーカイブ